広島6連勝、巨人2連勝、DeNAドラ1上茶谷が待望初勝利…18日のセ・リーグは?

©株式会社Creative2

DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】

ヤクルトは投手陣が大量失点で4連敗

 セ・リーグは18日、全3試合が行われ、広島、巨人、DeNAがそれぞれ勝利した。広島は6連勝で貯金5とした。

 広島は敵地・阪神戦に4-0で快勝。初回に西川の3ランで先制すると、6回にはバティスタのソロ弾で貴重な追加点を奪取した。投げては先発ジョンソンが6回6安打無失点6奪三振と好投し、自身2連勝で3勝目(3敗)。救援陣も一岡、フランスア、中崎と無失点リレーを見せた。阪神はメッセンジャーが2発のホームランで4失点。打線もあと1本が出ず、連敗でカード負け越しとなった。

 巨人は敵地・中日戦に5-1で快勝し、2連勝。先発のメルセデスが7回5安打無失点2奪三振1四球の快投で4勝目(2敗)を挙げた。打線は2回にゲレーロが古巣相手に先制2ランを放つと、3回には丸、岡本のタイムリーなどで3点を追加。9回は2日連続で澤村が締めた。中日は先発・柳が6回5失点で2敗目(3勝)。カード負け越しが決まった。

 DeNAは敵地ヤクルト戦に11-6で勝利した。ドラフト1位ルーキー上茶谷が5回2/3を3安打4四球3奪三振で3失点。これまで勝ち運にも恵まれなかったが、この日は打線の大量援護を受け、プロ7戦目の登板で待望の1勝を掴んだ。打線はソトが12号2ランを含む4打点、宮崎も2本のタイムリーを放つなど存在感を見せた。ヤクルトは村上の11号3ランで一時同点に追いつくも、投手陣が11失点と崩れて4連敗を喫した。(Full-Count編集部)