鷹・千賀が無傷5勝目、オリK-鈴木&楽天今野がプロ初勝利…18日のパ・リーグは?

©株式会社Creative2

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

楽天は勝率5割復帰、西武は今井が7回2失点と好投も

 パ・リーグは18日、全3試合が行われ、ソフトバンク、楽天、オリックスがそれぞれ勝利した。オリックスのK-鈴木は2年目でプロ初白星を挙げた。

 ソフトバンクは熊本で開催された日本ハム戦に2-1で逆転勝利。雨で試合開始が13分遅れた中、先発の千賀は4回に王柏融に先制打を許したが、4回終了後に雨が強くなり試合が約1時間中断。再開直後の5回を圧巻の3者連続三振で流れを引き寄せると、打線がその裏に相手のミスとデスパイネの犠飛で逆転した。千賀は7回4安打9奪三振1失点で無傷の5勝目。日本ハムは上沢が7回2失点(自責0)の好投も打線が援護できず、失点もエラー絡みだった。

 楽天は敵地ロッテ戦に6-4で勝利し、勝率5割復帰。先発の石橋は5回4失点で降板したが、6回にウィーラーのソロで3点差とすると、8回に藤田の適時打、浅村の2ランで同点。さらに、島内の勝ち越しソロが飛び出し、一気に試合をひっくり返した。6回から2番手で登板し、2回を無失点に抑えた今野がプロ初勝利。ロッテは荻野の先頭打者弾を含む3打点、井上のソロ弾で3回までに4点を奪取。先発ボルシンガーも6回1失点と好投したが、3番手・唐川が1死も取れず4失点(自責3)と誤算だった。

 オリックスは本拠地・西武戦に2-1で勝利し、連敗を「2」で止めた。先発のK-鈴木が6回途中3安打1失点と試合を作り、プロ2年目で初勝利。これまでは勝ち運にも恵まれなかったが、待望の1勝目を掴んだ。救援陣も、小林、近藤、澤田、守護神・増井とつないで1点のリードを死守した。西武は今井が7回2失点(自責0)と力投も打線が援護できず。4回には山野辺が痛恨のタイムリエラーで逆転を許した。(Full-Count編集部)