<仙台六大学野球>継投策で逃げ切る

©株式会社河北新報社

 工大-東北大1回戦(工大1勝)

工 大001003000=4 東北大000000010=1 (勝)大宮6試合3勝1敗 (敗)谷口4試合2敗 (本)遠藤1号(1)(土田)

 【評】工大が完勝。三回2死二塁、庄司修の右前適時打で先制すると、六回は3押し出し四死球で加点した。投げても大宮、土田、太田の継投で2安打に抑えた。東北大は遠藤のソロ1点にとどまった。

<大宮、6回無失点で3勝目>

 工大の大宮が6回1安打無失点で3勝目。下手投げから繰り出す独特の球筋で打者のタイミングを外し、二塁を踏ませない好投を見せたが「良い当たりも多かったので白星は結果論」と謙虚だった。

 緩急を駆使して相手打線を手玉に取った。四回は1死から初安打を許したが「目の前の打者を抑えれば問題ない」と冷静に変化球で打ち取った。先発、救援で投手陣を支える2年は「使いこなせていない球種があった。制球をもっと磨きたい」と反省を忘れなかった