【MLB】田中将大、179キロ打球が右足直撃でNY紙は心配「重大な懸念」「願うしかない」

©株式会社Creative2

レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

6回無失点の快投も右すねに打球直撃のアクシデント「ヤンキースに更なる恐怖」

■レイズ 2-1 ヤンキース(日本時間19日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に先発し、6回3安打無失点無四球6奪三振と好投した。ヤンキースは救援陣が打たれ、田中に4勝目はつかず。チームも延長戦の末に1-2で逆転負けを喫した。田中は6回の最後の打者の111マイル(約178.7キロ)の打球が右すねに直撃して降板。検査を受けて打撲と診断されたが、次回登板についてはまだ分からず、ニューヨークメディアは「重大な懸念」「願うしかない」と伝えている。

 田中は初回の3者連続空振り三振など、3イニングを3者凡退に抑える好投。前回登板に続く昨季サイ・ヤング賞左腕スネルとの投げ合いで、打線が3回に相手暴投で先制した1点を守った。しかし、6回2死二塁でディアスの打球を右すねに受けて降板。ボールは一塁手ボイトの前に転がりアウトとなり、失点は阻止したが、直撃したのは打球速度111マイルという強烈過ぎる当たりだった。

 試合後、地元テレビ局「YESネットワーク」は、田中が地元メディアの取材に応じる様子の動画を公開。次回登板については、本人は「どうでしょうね。ちょっと明日どういう症状になるかが分からないので、なんとも言えないです」と話した。骨に異常はなかったというが、痛くないはずがない。

 ニューヨークのテレビ局「SNY」は「ヤンキースのマサヒロ・タナカが怪我により降板した後の状況について語る」と、試合後に田中が話す様子の動画を付けて記事を掲載。チームは開幕から怪我人の多さに苦しんでいるだけに、「土曜日の午後、ヤンキースは更なる怪我の恐怖を味わった」と伝えている。

「もしタナカがいかなる登板も回避することになれば、大打撃となる」

 ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」は「ヤンキースのマサヒロ・タナカがレイズ戦で右すねに打撲を負い降板:ボンバーズ(ヤンキースの愛称)が11回に敗れる」とレポート。ヤンキースが延長戦の末に痛い敗戦を喫したことに言及しつつ「しかし、それよりも重大な懸念は、タナカに対するものだった」と心配を隠せない様子だ。

 また、地元紙「デイリー・ニューズ」も「マサヒロ・タナカが6回無失点の投球をするも、怪我に見舞われる可能性と共に降板する」との見出しで報じ、エース右腕のセベリーノ、新加入のパクストンの2人を欠いている状況の中で「タナカがボルティモアでの次回登板予定日(木曜)もマウンドに上がってくれると、ヤンキースは願うしかない」としている。

 この日、田中は6回88球を投げ、ストライクは60球。今季6度目のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成し、防御率3.09とした。同紙は、この投球を「見事だった」と絶賛。6回のピンチは田中に直撃した打球が一塁に跳ね返ったことで無失点で切り抜けたが、記事では「より重大なことは、タナカが(怪我で)降板したということだ」と指摘し、「もしタナカが(今後の)いかなる登板も回避することになれば、大打撃となる」としている。

 2009年以来の世界一を目指すヤンキースで、代えのきかない存在となっている田中。軽症であることをニューヨークメディアも願っている。(Full-Count編集部)