神戸まつりでメインフェスティバル

©株式会社 サンテレビジョン

第49回神戸まつりは19日メインフェスティバルが行われました。

青空のもと、行われた神戸まつりのメインフェスティバル。 
フラワーロードでは神戸市婦人団体協議会がおよそ1100人による圧巻の総踊りを披露しました。 

その後、2018年ジャパンラグビートップリーグの優勝をはたし、18シーズンぶりに日本一に輝いた「コベルコスティーラーズ」の選手たちが登場し、恒例のおまつりパレードがスタートしました。 
パレードには79団体およそ6700人が参加し、サンバやバトンなど華やかな衣装に身を包んだ女性たちが華麗なパフォーマンスを繰り広げ、沿道の観客を盛り上げました。 

神戸市によりますと19日のメインフェスティバルには、午後4時現在で92万9800人が訪れたということです。