マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その2】

©株式会社 内外出版社

マイケルPの今年3回目のアメリカ取材はバスキャットオープン。桐山孝太郎さん主催のアメリカンドリームトーナメントの優勝チームと一緒に、アーカンソー州ビーバーレイクに行ってきたのでその模様をルアマガプラスでお届け。大会前のプラクティス、手応えは……。

マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その1】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その2】【本稿】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その3】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【最終回】

準備完了。いよいよ決戦の地へ。

斉藤さんと大石さんの1人は大会開催地のビーバーレイクで、2日間のプラクティスを行なうことに。桐山さんが2人のために手配してくれたのはパンテラクラシック。全長19ft6in。デッキが広くて、2人で釣りをしても全然余裕だ。

エンジンはマーキュリーの150馬力。パワーポールも魚探も装備されていた。

今回は中流域のマリーナからスタート。場所は下記リンク参照。ズームアウトすれば、ビーバーレイクの全貌も分かります。支流が何本も複雑に入り組んでいるこの地域特有のリザーバーで、ボートドックや立木、岩盤、ブレイクなどバスの付き場は無限。

4月下旬ということで、エレキで岸沿いを延々と移動しながらスポーンを意識したバスを探していく。とあるクリークで、マイケルPが小ぶりのスポッテッドバスをキャッチ。大会でのキーパーサイズは15in(約38cm)なのでもちろんノンキーパー。そして「見つけたから、とりあえず釣りますね」と斉藤さんが言った直後に……!

とにかく釣れる、ケイテックのシャッドインパクト4inのミドスト。
「ちょっと大きめっすね」と斉藤さん。大石さんがランディングすることに。
18in(約46cm)のナイスキーパー。3lb(約1300g)ぐらい。ヒットルアーはステルスペッパー110。このサイズを5尾、2日間揃えれば上位入賞も夢じゃない。

夕方まで湖のあちこちを回って、上流部のマリーナでパートナーと待ち合わせてるマイケルPを降ろすことに。

「一度も会ったことないけど、フェイスブックでやり取りしてるから大丈夫でしょ」と、マリーナをウロウロしてると魚をさばくオジサンに遭遇。ストライパー釣りのガイドらしい。

お客さんが釣ってきた魚を次々と電動ナイフでさばく。「これはホワイトバス。まあまあ美味いよ」。

しばらくすると今回のパートナーが登場。シェーン・パトリック(Shane Patrick)。マイケルPと同い年で、高校の校長先生。貫禄あるなぁ。もちろんバスキャットのオーナーで、ヒマさえあれば湖に出ているという。

愛艇・エイラを駆るシェーン。ビーバーレイクの近くに住んでいるが、隣のテーブルロックレイクの方が好きだという。「ビーバーは大会が多くて、あんまり釣れないからね」。とはいえ数日前のプラでは15lbほど釣ったそうだ。

日没までの2時間半ほど、シェーンとマイケルPは上流部をメインにチェック。ポロポロ釣れたが、ノンキーパーや外道ばっかりで終了。

「ノンキーパー10尾釣ってキーパー1尾混じる感じかな。だけど魚がいないエリアは徹底的にいないのが面白い」、とはマイケルP。

ブリーム。口の大きいブルーギルという感じで、ライトリグが大好き。

プラ2日目

プラクティス2日目は朝から雨。初日に走り回ったチームジャパンは、マリーナで給油することに。「9時オープンって書いてあるから、9時半頃に行けば大丈夫でしょ」。でも予定通りいかないのがアメリカ。

結局、スタッフが来たのは9時45分頃。一度やってみたかった、という湖上給油も無事完了。

この日は下流域をメインにチェック。岸沿い以外に、岩盤や岬を釣っていくとポロポロとヒットした。得意のキャロライナリグで、斉藤さんはスモールマウスをキャッチ。

「目的の半分以上は達成しました!」と上機嫌だけど、あと2日ありますよ(笑)。

ビーバーレイクはラージマウス、スモールマウス、スポッテッドバスの3種類が生息。今回はすべて15in以上がウエイイン可能だ。ヒットルアーはドライブシャッド3.5in。

大石さんのジグにもグッドサイズが。

「でもこれで16inか……。リミット揃えるの、結構キツいかもね」。この日はレジストレーションという大会受け付けがあるので、早めに終了。

こちらラージマウス。2日目は昼頃までずっと雨だったが、いきなり晴れて風が吹き始めた。

レジストレーションに向かう前にちょっと寄り道。ここもウイグルワートのリペイントモデルがレジ前にズラリ。地元のショップは、その地域のヒットルアーをメインに扱ってることが多いのだ。

フック・ライン&シンカーというド直球なネーミング。連日午前6時から営業。
「オールドのウイグルワートだから、ちょっと高いよ」。と店のオジサン。仕上げも丁寧。
この地域のザリガニに似せたカラーが多数。1個買っときゃよかった。
この辺の定番はウォーイーグルのスピナーベイト。なんせアーカンソー州産なので。

レジストレーション会場で受け付けを済ませた2人は、「試してみてよ」とゴーグルを手渡され、着席。バスキャットが全開走行するVR動画を満喫したようです(笑)。そんなわけで2日間のプラクティスも終了。勝てば新艇がゲットできるバスキャットオープン、本戦のもようは次回で!

レジストレーションは地元の大きなホールで行なわれた。今回は約360艇エントリーするという。会場ではTシャツやキャップなど、バスキャットのオフィシャルグッズも販売していた。
全開走行のVR動画体験。「ホントに操船してる気分になるけど、船酔いしそう(笑)」。

マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その1】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その2】【本稿】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【その3】
マイケルPのバスキャットオープン in ビーバーレイク参戦記【最終回】

『ルアーマガジン』本誌の配送だけでなく、動画見放題、オリジナルグッズ、NAIGAI-SHOPの50%オフクーポンを毎月発行、さらに人気アングラーのセミナーやイベントなどが目白押しすぎてもはや何押しなのかわからないサービス『ルアマガプライム』が5月7日よりサービスイン!

本誌やグッズなどはもちろん、『ルアマガプライム』でしか味わえない体験を提供していきます。要チェックです!

動画にグッズ、アングラーセミナーや釣行会、クーポン券などルアマガ味わい尽くし放題!『ルアマガプライム』はじまりました!