ジロ・デ・イタリア第9ステージ個人TTはログリッチが優勝

©株式会社八重洲出版

第102回ジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)は、5月19日にリッチョーネからサンマリノ共和国までの34.8 kmで第9ステージの個人タイムトライアルを競い、スロベニアのプリモシュ・ログリッチ(チームユンボ・ビスマ)が、アワーレコード保持者であるベルギーのビクトル・カンペナールツ(ロット・スーダル)を11秒差で破り、今大会区間2勝目を上げた。

マリア・ローザを着たイタリアのバレリオ・コンティ(UAEチーム・エミレーツ)は、土砂降りの中をログリッチよりも3分34秒遅れてゴールしたが、前日までの総合成績でタイム差は5分24秒あったため、総合首位の座を守ることができた。

今大会2度目の個人タイムトライアルは、断続的に降る雨の中で競われ、小雨程度で済んだ選手もいれば、土砂降りに見舞われた選手もいた。3度目の総合優勝を目指す34歳のヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)は区間4位でゴールしたが、ログリッチよりも1分5秒遅れていた。英国のサイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)は、3分11秒遅れてしまった。

ジロは第1週目を終え、総合成績は第6ステージで逃げたイタリアのコンティが首位を守り、ログリッチが1分50秒差で総合2位に浮上した。第6ステージの逃げに加わっていたフランスのナンス・ペテルス(AG2R・ラモンディアル)が総合3位になり、新人賞のマリア・ビアンカを獲得している。

■今大会でTT区間2勝目を上げたログリッチのコメント
「自分の考えではパーフェクトなパフォーマンスだ。ボクは良い仕事をした。序盤はイージーにして、最後は全力を出した。総合を争う他の優勝候補たちにタイム差を付けられたのはうれしいけれど、ジロはまだ終わっていない」

■マリア・ローザを守ったコンティのコメント
「ボクはひどい雨に遭ったが、落ち着いていた。目標はマリア・ローザを守ることだったから、この成績にはとても満足している。総合成績で次にいたロハスとカルボーニのことだけ考えていたけれど、実際にはログリッチがボクのタイムにとても迫っていた。彼は素晴らしい選手だ。でもボクは、まだマリア・ローザを楽しめてうれしいよ」

■第9ステージ結果[5月19日/リッチョーネ~サンマリノ/34.8 km(個人TT)]
1. ROGLIC Primoz (TEAM JUMBO - VISMA / SLO) 51’ 52”
2. CAMPENAERTS Victor (LOTTO SOUDAL / BEL) 0’ 11”
3. MOLLEMA Bauke (TREK - SEGAFREDO / NED) 01’ 00”
4. NIBALI Vincenzo (BAHRAIN - MERIDA / ITA) 01’ 05”
5. KANGERT Tanel (EF EDUCATION FIRST / EST) 01’ 10”
6. HAGA Chad (TEAM SUNWEB / USA) 01’ 14”
7. JUNGELS Bob (DECEUNINCK - QUICK-STEP / LUX) 01’ 16”
8. CARTHY Hugh John (EF EDUCATION FIRST / GBR) 01’ 30”
9. BILBAO LOPEZ Pello (ASTANA PRO TEAM / ESP) 01’ 43”
10. CATTANEO Mattia (ANDRONI GIOCATTOLI - SIDERMEC / ITA) 01’ 52”

13. ZAKARIN Ilnur (TEAM KATUSHA ALPECIN / RUS) 01’ 56”
14. MAJKA Rafal (BORA - HANSGROHE / POL) 02’ 04”
29. LANDA MEANA Mikel (MOVISTAR TEAM / ESP) 03’ 03”
31. YATES Simon Philip (MITCHELTON - SCOTT / GBR) 03’ 11”
38. CONTI Valerio (UAE TEAM EMIRATES / ITA) 03’ 34”
42. LOPEZ MORENO Miguel Angel (ASTANA PRO TEAM / COL) 03’ 45”
43. PETERS Nans (AG2R LA MONDIALE / FRA) 03’ 46”
57. ROJAS Jose' (MOVISTAR TEAM / ESP) 04’ 35”
70. CARBONI Giovanni (BARDIANI CSF / ITA) 05’ 23”
160. HATSUYAMA Sho (NIPPO - VINI FANTINI - FAIZANE' / JPN) 09’ 44

■第9ステージまでの総合成績
1. CONTI Valerio (UAE TEAM EMIRATES / ITA) 36h 08’ 32”
2. ROGLIC Primoz (TEAM JUMBO - VISMA / SLO) 01’ 50”
3. PETERS Nans (AG2R LA MONDIALE / FRA) 02’ 21”
4. ROJAS Jose' (MOVISTAR TEAM / ESP) 02’ 33”
5. MASNADA Fausto (ANDRONI GIOCATTOLI - SIDERMEC / ITA) 02’ 36”
6. AMADOR Andrey (MOVISTAR TEAM / CRC) 02’ 39”
7. ANTUNES Amaro (CCC TEAM / POR) 03’ 05”
8. MADOUAS Valentin (GROUPAMA - FDJ / FRA) 03’ 27”
9. CARBONI Giovanni (BARDIANI CSF / ITA) 03’ 30”
10. BILBAO LOPEZ Pello (ASTANA PRO TEAM / ESP) 03’ 32”

11. NIBALI Vincenzo (BAHRAIN - MERIDA / ITA) 03’ 34”
12. MOLLEMA Bauke (TREK - SEGAFREDO / NED) 03’ 45”
14. JUNGELS Bob (DECEUNINCK - QUICK-STEP / LUX) 04’ 08”
18. MAJKA Rafal (BORA - HANSGROHE / POL) 04’ 43”
22. ZAKARIN Ilnur (TEAM KATUSHA ALPECIN / RUS) 05’ 22”
24. YATES Simon Philip (MITCHELTON - SCOTT / GBR) 05’ 36”
27. LOPEZ MORENO Miguel Angel (ASTANA PRO TEAM / COL) 06’ 19”
30. LANDA MEANA Mikel (MOVISTAR TEAM / ESP) 06’ 42”
162. HATSUYAMA Sho (NIPPO - VINI FANTINI - FAIZANE' / JPN) 1h 33’ 09”

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):ACKERMANN Pascal (BORA - HANSGROHE / GER)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):CICCONE Giulio (TREK - SEGAFREDO / ITA)
■新人賞(マリア・ビアンカ):PETERS Nans (AG2R LA MONDIALE / FRA)

ジロ公式サイト

月曜日は最初の休養日

(MAP : RCS Sport)

5月20日の月曜日は最初の休養日となり、休養日明けの21日はラヴェンナからモデナまでの145kmで、山岳ポイントが1つもないフラットな第10ステージが行われる。

第9ステージのハイライト映像