レアル戦勝利後に!乾所属ベティス、セティエン監督が突如退任

©株式会社コリー

ベティスは19日、「キケ・セティエン監督が今季限りで退任する」と公式発表した。

キケ・セティエン氏は、ラシン・サンタンデールやログロニェス、ラス・パルマスなどを率いた後、2017年からベティスの監督に就任。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

戦術的で機能性の高いサッカーを目指してチームを構築しており、日曜日にはレアル・マドリーを相手にアウェイで2-0と勝利を収めることに成功している。

しかしこの勝利の後、チームはキケ・セティエン氏が来季指揮を執ることはないと発表。相互の合意の下で1年残っていた契約を解除することになったという。

【関連記事】知ってると自慢できる!“近親憎悪”のローカルダービー5選

現在アラベスにローン移籍している乾貴士にとっても寝耳に水の解任であろう。来季はベティスに復帰することになりそうな状況だが、どんな指揮官の下でプレーすることになるだろうか。