北海道の小島消失か、海保が調査

領海狭まる恐れも、流氷で浸食?

©一般社団法人共同通信社

海上保安官らによる実地調査が始まった北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」付近=20日午後(小型無人機から)

 第1管区海上保安本部(小樽)は20日、北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」が波や流氷による浸食で消失した可能性があるとして、実地調査を始めた。24日までの予定で、結果によって領海が狭まる恐れもある。

 周辺の水深が浅く巡視船艇が使えないため、この日は海上保安官らが民間の小型船で同村の港を出発。水中音波探知機(ソナー)や衛星利用測位システム(GPS)を使い、島から比較的遠く、水深の深いエリアから海底の測量を始めた。

 国連海洋法条約は、島を「自然に形成された陸地で、満潮時にも水面上にあるもの」と規定している。