移動動物園で大学生が命の尊さ考える 松山

©株式会社愛媛新聞社

動物との触れ合い方を学ぶ授業で、ヘビに触る学生

 将来の保育活動に役立てるため幼稚園教諭や保育士を目指す学生が動物との触れ合い方を学ぶ授業が15日、愛媛県松山市桑原3丁目の松山東雲女子大であり、心理子ども学科の3年生約50人がポニーやヘビと接し動物の特性や命の大切さを考えた。