小島消失か、調査始まる 北海道、領海狭まる恐れも-ドローン撮影

©一般社団法人共同通信社

第1管区海上保安本部(小樽)は20日、北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」が波や流氷による浸食で消失した可能性があるとして、実地調査を始めた。24日までの予定で、結果によって領海が狭まる恐れもある。