誤審問題でJ1追加副審導入へ

©一般社団法人共同通信社

 J1の浦和―湘南(17日)でゴールを割ったシュートが得点と認められない誤審があった問題で、日本サッカー協会の審判委員会は20日、J1で8月からゴール判定を補助する追加副審を導入する方針を固めた。