ANAカーゴ、精密機器の輸送体制強化 衝撃に配慮、モニタリング実施

©Traicy Japan Inc,

ANA Cargoは、半導体製造装置や医療機器などの精密機器の輸送サービス「PRIO SENSITIVE」を6月3日から開始する。

ボーイング777Fを2機導入し、7月から東京/成田〜大阪/関西〜上海/浦東〜東京/成田線、10月から東京/成田〜シカゴ線に投入することや、他社の機材をチャーターして自社便輸送と同様に空港ハンドリングなどを行い、貨物を輸送するエアラインチャーターを活用し、精密機器の輸送体制を強化する。

衝撃の検知ツール「ショックウォッチ」、傾きの検知ツール「ティルトウォッチ」付きの貨物で、発着空港や経由地の空港でチェックシートを使用したモニタリングを実施するほか、貨物の積み付けや積み下ろしの際にフォークリフトを低速で走行する、空港内を輸送する際に段差を極力避けるなど衝撃リスクに配慮した運用を行う。