東海・関東を中心に大雨のおそれ  西日本から東日本にかけて土砂災害や高波警戒

©株式会社ウェザーマップ

21日(火)午前5時20分現在 高解像度降水ナウキャスト

 きょう21日(火)は東日本の太平洋側を中心に局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、また、東日本から北日本では高波にも警戒が必要となる。

21日(火)午前5時現在 土砂災害警戒判定メッシュ情報

大雨・突風

 きょうは寒冷前線の通過や暖かく湿った空気の影響で、西日本から東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になっている。
 特に東日本では、太平洋側の南から南東斜面を中心に局地的に雷を伴った1時間70ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。
 西日本から東日本では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、また、東日本の太平洋側を中心に落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。
 ■22日6時までの24時間予想雨量(多い所)
  関東甲信、伊豆諸島、東海   180ミリ

全般気象情報

高波

 また、東日本から北日本では太平洋側を中心に風が非常に強く吹き、大しけとなる所があるため、高波にも警戒が必要だ。
 
■21日に予想される波の高さ
  東北、関東、伊豆諸島   6メートル
  北海道、東海       5メートル