英、離脱党党首の服にシェーク

被害続き、販売自粛要請も

©一般社団法人共同通信社

20日、英ニューカッスルで乳飲料のシェークをかけられた離脱党のファラージ党首(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱を巡る混迷の続く英国で20日、EU離脱を党是に勢いを増す新党「離脱党」のファラージ党首が、反発する市民から乳飲料のシェークを服にかけられた。

 英国では23日に予定されるEU欧州議会選を前に、離脱派や極右の候補が相次ぎ同様の被害に遭い、一部では警察がシェークの販売自粛を要請する騒動に発展している。

 BBC放送などによると、中部ニューカッスルで選挙活動をしていたファラージ氏は20日、スーツ姿で街角を歩いて移動中、近づいてきた男(32)に突如、シェークを体中にかけられた。