自公、丸山氏けん責決議案を提出

「国益損なった」

©一般社団法人共同通信社

丸山穂高衆院議員

 自民、公明両党は21日、北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対するけん責決議案を衆院に共同提出した。丸山氏の発言について「国益を大きく損ない、院の権威と品位を失墜させ、到底看過できない」と批判し、同氏に猛省を促す内容。自民党は、問題発言を理由に野党6党派が先に出した辞職勧告決議案に否定的な立場を示している。

 21日の衆院議院運営委員会理事会で辞職勧告決議案と併せ、取り扱いを協議する見通しだ。

 衆参両院の事務局によると、けん責決議案が出された例は過去にない。

丸山穂高議員に対するけん責決議案を向大野新治衆院事務総長(中央)に提出した自民党の菅原一秀氏(左)と公明党の佐藤英道氏=21日午前、国会