前代未聞の昇降格プレーオフ!1部チーム監督がなんと来季就任する2部チームと対戦

©株式会社コリー

アヤックスの逆転優勝で幕を閉じた2018-2019シーズンのエールディビジ。

現在行われているのは、堂安律のフローニンゲンらによるUEFAヨーロッパリーグ出場権をかけたプレーオフ、そして昇降格プレーオフだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

昇降格プレーオフは、1部16、17位チームと2部の2~10位チーム(3位のヨングPSVを除く)が争うもので、2チームが来季エールディビジでプレーできる。

1stラウンドを突破した17位デ・フラーフスハプは、2ndラウンドでカンブール・レーウワルデン(2部10位)と対戦。カンブールはファン・ウェルメスケルケン・際も所属しているクラブだが、この2チームの対戦が話題になっている。

デ・フラーフスハプを指揮するヘンク・デ・ヨング監督は、なんと来季からカンブールを率いることが決まっているのだ。契約が切り替わるのは7月1日からだが、こんなことになるとは…。

『AD』によれば、54歳の指揮官はこう述べていたとか。

ヘンク・デ・ヨング(デ・フラーフスハプ監督))

「私はスポーツマンだ。降格はしたくない。

それに、レーウワルデンに今私に助けて欲しいと期待する者は誰もいない。

私はデ・フラーフスハプの監督だ。カンブールのどの選手とも接触していない」

カンブールのホームで行われた1stレグは1-1。運命の2ndレグは23日に行われる。

【関連記事】子供は見ちゃダメ!サッカーの試合で、SEXY過ぎる“同伴”が話題

オランダ2部はリザーブチームも多いとはいえ、10位のチームにまで昇格の可能性があるとは…。