ポピー鮮やか 下妻「花とふれあいまつり」

©株式会社茨城新聞社

約50万本のポピーが満開となった鬼怒川河川敷=下妻市鎌庭、鹿嶋栄寿撮影

下妻市鎌庭の鬼怒川河川敷に咲き誇る約50万本のポピー。見頃を迎えた19日、第28回花とふれあいまつり(花と一万人の会主催)が開かれ、茨城国体のデモンストレーションスポーツ・Eボートの大会に花を添えた。まつりは同国体の文化プログラム事業も兼ねた。

ポピーは赤やピンク、黄色など色鮮やか。その美しさは来場者の目を楽しませた。Eボート会場では、同国体マスコット「いばラッキー」がデザインされたシールタイプのフェースペイントなどが人気を呼び、多くの子どもたちが体験した。(小林久隆)

地元の日本語学校も参加するなど、大いに盛り上がったEボート