来年大河「麒麟がくる」主演・長谷川博己が明智光秀の菩提寺を墓参

©株式会社東京ニュース通信社

来年1月放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演・明智光秀役の長谷川博己が、滋賀県大津市にある光秀の菩提寺・西教寺を墓参した。長谷川は「お墓参りでは、『私が明智光秀をやらせていただきます。よろしいでしょうか』とお伝えしまして、きっと許してくださるのではないかなと思います。『必ず良いものにします』と念を込めました」とドラマの成功を誓ったことを明かした。

同作は戦国武将の明智光秀を主人公に、織田信長(染谷将太)、斎藤道三(本木雅弘)、豊臣秀吉、徳川家康ら歴史に名を残す戦国大名たちが英傑となっていく姿を描くもの。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策氏が書き下ろす。

西教寺には明智一族の墓や光秀直筆の寄進状などが残されており、長谷川は「拝見した書状から、光秀の字から繊細さがすごく伝わってきました。光秀については、まだハッキリとした正体はつかめないところがありますが、今日ここに来て、何か少し近づけたなという気がしました」と役作りの参考になったことを明かし、「演じることがとても楽しみで、今からすごく興奮しているのですが、できるだけ平常心で、あまりまだ作り込まず、自分を空の状態にして、お墓参りなどいろんなことを経験して、少しずつその容器を埋めていければ」と意気込みを新たにしていた。