V6坂本昌行、コンサートで振り付けを間違えた時の対処法を明かす

©株式会社ドットレンド

5月16日のフジ系「VS嵐」に出演したV6の坂本昌行が、V6のコンサートについて語った。

“コンサートで歌詞や振付けを間違えた場合、どう対処する?”という話題。

坂本は「もし間違えたとしても、それを間違えたと思わせないような雰囲気でやる」と語り、V6のライブにおけるミスは“これが正解ですけど?”という開き直りで誤魔化すのだそうだ。

たしかに、堂々とパフォーマンスをされればファンも“間違えたけど気のせい?”と勘違いとして納得するほかあるまい。

坂本は「それが1番出来るのは、剛と岡田」と語り、森田剛と岡田准一の二人が誤魔化しが上手であるとのことだ。

一方、坂本は「健が基本間違えない人なの。だけど、前の岡田と剛が間違えてると、健が間違えてるように見えちゃうわけ」と続け、三宅健はミスをしないタイプだという。

しかし、正解の三宅の前で不正解の森田と岡田が堂々と誤魔化していた場合、逆に三宅のパフォーマンスが不自然になるという現象が起こるのである。

これを聞いた嵐メンバーは「そういうのあるんだ」とコメントし、“V6兄さん”にも弱点があることを知って驚いていた。