日ハム大敗、3連敗で借金生活&5位転落 栗山監督「一生懸命やるしか…」

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

金子は3回7安打4失点、救援陣も楽天打線の勢いを止められず

■楽天 13-3 日本ハム(21日・札幌ドーム)

 日本ハムは21日、本拠地で楽天に3-13と大敗。今季2度目の3連敗で4月23日以来となる借金生活に突入し、5位に転落した。

 中5日で先発した金子弌大投手が初回2死から浅村を四球で歩かせると、ウィーラー、銀次の連続二塁打で2点を失った。金子は3回7安打4失点(自責3)、79球で降板した。

 リリーフも楽天打線の勢いを止められない。2番手の吉田侑樹投手は3回4安打4失点、3番手の藤岡貴裕投手は2回0/3を2安打5失点。吉田は4四球、藤岡は5四球と制球が定まらず、走者をためたところで長打を浴びた。

 打線は近藤健介外野手が初回に中犠飛、6回1死二塁で左中間を破る適時二塁打を放ち、2打点を挙げた。7回には代打攻勢で追い上げムードをつくり、8回1死一塁では中田翔内野手が右中間二塁打で1点を返したが、大量失点の前で力尽きた。

 栗山英樹監督は「どういう展開でも勝ちきらないといけない。一つ一つ一生懸命やるしかない」と前を向いた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)