最近使っていないBluetoothイヤホン、スマホから削除すべき?

©株式会社 音元出版

Bluetoothイヤホンは、スマートフォンなどの送信側機器と「ペアリング」をしたうえで利用するものです。ペアリングが完了すると、その情報(リンクキー)は外部からのアクセスが難しい領域に保存され、次回そのBluetoothイヤホンが検出されたときに参照されます。Bluetoothイヤホンの電源をオンにすると、近くにあるペアリング済のスマートフォンに自動認識されるのは、この仕組みがあるためです。

このリンクキーは、消去しないかぎり残るため、利用したBluetoothイヤホンの数が増えるにつれ増加します。けれど、たとえばスマートフォンの代表的なシステムであるiOS、Android OSとも記録可能なリンクキーの上限を定めていません。

ペアリング済のBluetoothイヤホンが増えても機能に影響はありません

だからBluetoothイヤホンを利用しなくなったとしても、スマートフォン側の登録情報を削除する必要は特にありません。件数が多くなるとBluetooth設定画面で見つけにくくなるものの、Bluetoothイヤホンの利用にはまったく影響しないため、再び利用する機会があるのならば放置してOKです。これはiPhone(iOS)、Android端末にかぎらず、パソコンやDAPでも同じことがいえます。よほどジャマに感じるようになったら削除しましょう。