「毒をもって毒を制す」、高速鉄道車内の騒音はどのようにして消されるのか―中国メディア

©株式会社 Record China

2019年5月20日、中国メディアの科技日報は、18日に開催された中国科学院の公衆科学日イベントで、高速鉄道車内の騒音を「毒をもって毒を制す」式に消す仕組みが紹介されたと報じた。

それは、「ノイズキャンセリングヘッドレスト」と呼ばれるもので、座席の周囲に特定の音波を発するスピーカーを複数配置し、騒音の音波に対して、逆位相の音波を重ね合わせることで、騒音の音波を消す、すなわち「毒をもって毒を制す」式に「音波をもって音波を消す」ものだという。(翻訳・編集/柳川)