【MLB】大谷翔平、超回復で「3番・DH」8試合連続先発! 150キロ直撃も「で~じょうぶだ!」

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

前日は右手薬指に150キロのツーシームを受けて苦悶の表情を浮かべていた

■エンゼルス – ツインズ(日本時間22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日、試合開始11時7分)、本拠地・ツインズ戦で「3番・指名打者」で8試合連続でスタメン出場する。前夜に右手薬指に投球を受けた影響を吹き飛ばす打撃に期待がかかる。この日患部の状態を確認しようとした米メディアの取材に「で~じょうぶだ! ははは」と笑い飛ばした。

 大谷は20日の同カードで7試合連続フル出場。初回の四球で8試合連続出塁に伸ばしたものの、2点を追う8回先頭で左腕・ロジャースの92.7マイル(約149キロ)のツーシームを右手薬指に受けた。結果は空振り三振となったが、打席付近で膝をつき苦悶の表情を浮かべていた。

 試合後、オースマス監督は大谷が球場内でレントゲン検査を受け、骨に異常はなかったと説明。21日に球団医師、トレーナーが再度チェックする予定とし、指揮官は「早いうちに戻れるだろう」と明かしていた。さらに、この日、球団は大谷が21日のツインズ戦から出場可能になったと発表。エプラーGMは「大谷翔平は状態が良くなったと報告し、今夜プレーできる」とコメントした。

 今季はここまで12試合出場し、48打数12安打の打率.250、2本塁打、8打点。3試合ぶりの安打が期待される。ツインズは30歳右腕マイケル・ピネダが先発する。2017年7月にトミー・ジョン手術を受け、今季復帰。9試合登板し、3勝3敗、防御率5.55。通算では126試合登板し、43勝44敗、防御率4.15だ。大谷とは初対戦となる。(Full-Count編集部)