【MLB】大谷翔平、“超回復”のスタメン出場に元同僚も安堵 「良かった、復活すると思う」

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

前夜に右手薬指に150キロ直撃の大谷は「3番・DH」で8試合連続スタメン出場

■エンゼルス – ツインズ(日本時間22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日、試合開始11時7分)、本拠地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で8試合連続でスタメン出場する。前夜に右手薬指に投球を受け出場が危ぶまれていたが“超回復”。昨年まで同僚だったブレーク・パーカー投手も「良かった、彼は勤勉なんだ。復活すると思う」と安堵の表情を見せていた。

 大谷は20日の同カードの2点を追う8回の第4打席で左腕ロジャースが投じた92.7マイル(約149キロ)のツーシームを右手薬指に受けた。結果は空振り三振となったが、打席付近で膝をつき苦悶の表情を浮かべていた。

 誰もがこの日のスタメン出場は厳しいと思っていたが、大谷は何事もなかったかのように「で~じょうぶだ! ははは」と笑顔を見せ“超回復”ぶりをアピール。

 昨季までの同僚で現在はツインズの守護神を務めるパーカーは、大谷がスタメン出場すること知り「怪我してないの? 良かった。もちろん誰かが怪我をするのを見たくない。ショウヘイにとってもタフだと思う。彼は復帰したばかりで、スイングやタイミングを取り戻そうとしている。でも大丈夫だと思う。彼は勤勉なんだ。復活すると思う」と安堵の表情を見せていた。(Full-Count編集部)