「うな丼」と「うな重」の差、説明できますか?

©(株)東京放送ホールディングス

丼に入った「うな丼」と重箱に入った「うな重」。器以外に一体どんな違いがあるのか、ご存知ですか?
調べてみると、驚くほどシンプルな“差”であることが分かりました。
今回は、その“差”が生まれた背景と共にご紹介します。

うな重はうな丼に比べてうなぎが…

「うな丼」と「うな重」の違いは、ズバリうなぎの量。
番組が調査したうなぎ屋さんでは、うな重はうな丼よりもうなぎの量が1.5倍ほどあり、値段もうな重の方がうな丼より高く設定されていました。

うなぎの「質」が違うのでは?
…と思っていた方もいるかもしれませんが、違うのは量のみ。

でも量が違うだけなら、牛丼のように同じ丼で「並盛り」「特盛り」としても良いのに、なぜ丼と重箱という異なる器を使っているのでしょうか?

その理由を知るために、うなぎ屋さんの歴史をたどることにしましょう。

大流行!江戸時代には800軒もうなぎ屋さんがあった

濃口醤油が普及した江戸時代後期、醤油ダレにつけた「うなぎの蒲焼」が誕生。ほどなく、味が濃い蒲焼と白飯の相性は抜群ということで「うな丼」が誕生しました。

当時は、江戸の町になんと800軒のうなぎ屋さんがあり、番付表(今でいう食べログ)まであったといわれています。美味しいお食事処の番付をしたくなるのは、現代と同じですね。

「うな重」が生まれた背景

「うな丼」はその名の通り、“丼”を使って店内で提供されていました。

一方、「うな重」が誕生したのは明治時代。
温かいまま『出前』でお客さんへ届けられるように“重箱”を使ったのがきっかけです。

上記の絵のように、うなぎの上下をお湯で挟むことで、出前で届けてもホカホカのまま食べられるように開発しました。

その後、うな重は見た目にも「高級感がある」と話題となったため、うなぎ屋さんはいつしか『お店の中』でも提供したいと考え始めました。

ただ、丼よりも大きい重箱にうな丼と“同じ量”のうなぎを入れると、見た目がスカスカでなんだか寂しい印象に…。

そこで、うなぎを増量し、値段も高く設定した「うな重」が誕生した、ということなのです。

今ではうなぎの量だけが違う、うな丼とうな重。
もしお店に食べに行くことがあれば、お腹のすき具合に合わせて選べばOKですよ♪

ちょっと気になる“差”を徹底調査この差って何ですか?(TBS系列火曜よる7時~)