知事、園児と触れ合い 大熊、富岡視察

©株式会社福島民報社

にこにここども園で園児への読み聞かせを見学する内堀知事(左)

 内堀雅雄知事は二十一日、大熊町と富岡町を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興の状況を視察した。

 富岡町では宮本皓一町長の案内で、町図書館と認定こども園「にこにここども園」を訪問した。四月に開園したにこにここども園では、絵本の読み聞かせの様子などを見た後、園児に質問するなどして触れ合った。

 大熊町では、渡辺利綱町長と共に七月にも出荷を始めるイチゴ栽培施設を訪ねた。

 内堀知事は視察後、「両町とも復興は進んでいるが、本当の意味での復興を取り戻すには、まだまだ長い道のりになる。ソフト面を含めて継続的に取り組みを進めなければならない」と語った。