投票用紙水増し、前総務部長ら認める 滋賀、白票水増し初公判

©株式会社京都新聞社

大津地裁

 滋賀県甲賀市選挙管理委員会の幹部職員らが2017年10月の衆院選滋賀4区の開票作業で白票を水増しした問題で、公選法違反(投票増減など)の罪に問われた市前総務部長(58)と市前総務部次長(57)=ともに懲戒免職=の初公判が22日、大津地裁(横井裕美裁判官)で開かれた。2人は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、両被告は共謀し、17年10月22日、甲賀市甲南情報交流センターで衆院選の開票作業中、投票総数と投票者数が食い違ったつじつまを合わせるため、白票約400票を水増しした上、翌23日に見つかった未集計の投票済み投票用紙約400票を廃棄しようと画策。略式命令を受けた前総務課長と共謀し、未集計の投票用紙を持ち帰った、としている。