英、国民投票容認に与野党反発

メイ首相、残留派に譲歩

©一般社団法人共同通信社

21日、記者会見するメイ英首相=ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱問題で、メイ首相が2度目の国民投票実施の是非を下院に問う考えを示したことに、与党保守党の強硬派、野党の双方から21日、反対意見が相次いだ。6月の下院採決で離脱の命運を握る関連法案が可決された場合に限るとの条件付きながら、メイ氏が2度目の国民投票を容認するのは初めて。EU残留派に譲歩した形だが、関連法案への支持を取り付けられるかは不透明だ。

 メイ政権がEUとまとめた離脱合意案は下院で繰り返し否決されてきた。離脱手続きは行き詰まっており、メイ氏は関連法案をまず可決させて局面を打開したい考え。