日本百貨店協会/4月売上高3カ月ぶりマイナスの4488億円

©株式会社流通ニュース

日本百貨店協会が5月21日に発表した4月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象78社・215店)の売上総額は約4488億円(前年同月比1.1%減)となり、3カ月ぶりのマイナスとなった。

<百貨店イメージカット>

4月の売上高は1.1%減と3カ月ぶりのマイナスとなった。気温が低く不安定な天候の影響で、この時期主力の春物・初夏物の衣料品が低調だった。

半面、ラグジュアリーブランドを中心とした高額品やインバウンドは引き続き好調を維持したほか、各種催事や花見需要、更には改元祝賀の関連商品等は堅調だったが、前年実績には届かなかった。

顧客別では、国内市場(シェア92.3%)は1.9%減だったものの、インバウンド(シェア7.7%)は9.3%増の344億円と、3カ月連続で過去最高額を更新。購買単価も9.2%増と前月より2.5ポイントアップした。

地区別では、10都市が0.1%減とほぼ前年並み。大阪(2.0%増)、名古屋(1.6%増)、福岡(0.8%増)でプラスとなったが、7都市でマイナスだった。

地方(10都市以外の地区)は、近畿地区のみ前年を超え(1.7%増)、全体では3.6%減(24カ月連続)となった。

商品別では、国内外顧客共に好調な化粧品(5.3%増)と高級時計等の高額品(美術・宝飾・貴金属8.8%増)がけん引し、雑貨(3.6%増)トータルで3カ月連続のプラス。

食料品は1.6%増で2カ月連続プラスで、地方物産展など食品催事が好評だったほか、惣菜(2.7%増)などの花見商材や、改元関連・GW手土産で菓子(4.9%増)の需要が高まり前年をクリアした。

一方、天候与件から衣料品(4.7%減)はコート、ワンピースが好調だったものの春夏物のジャケット、スーツなどが苦戦。身のまわり品(2.2%減)もマイナスだった。