新宿の老舗映画館、武蔵野館 100 周年記念企画「今までの100年、これからの100年」。懐かしの作品や劇場で見られなかった作品など様々な作品を上映!

©有限会社ルーフトップ

2020 年 6 月、 武蔵野興業株式会社が運営する武蔵野館は開館 100 周年を迎える。100 年の歴史の中で、 社会における映画の役割も、 映画における映画館の役割も大きく変わってきた。 これからの 100 年間において、 映画は、 映画館はどのように変わっていくのか。 また、 どうあるべきだろうか。

武蔵野館は、 今までの 100 年間を振り返 りつつ、 これからの 100 年間を考えるきっかけになれば、 と感謝の気持ちをこめて、 100 周年の記念企画を実施するとのこと。

記念企画のメインとして、 2020 年 6 月の武蔵野館 100 周年に向けて、 2019 年 6 月より毎月記念上映を予定。 懐かしの作品や劇場で見られなかった作品など、 様々な作品を上映。 ま た 100 周年を記念したオリジナルグッズの販売や、 100 周年をより楽しむための記念パスポートも企画。

武蔵野館 100 周年記念企画

期間 2019年6月~2020年6月

会場 武蔵野館 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-27-10 武蔵野ビル 3F

シネマカリテ 〒160-0022東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1

6 月 8 日(土)~14 日(金)武蔵野館にて上映

6月8日(土) 【活弁上映】『ローレル&ハーディのキルトとズボン』、 『カリガリ博士』
弁士:澤登翠・(声の出演)徳川夢声 演奏:カラード・モノトーン・トリオ

6月9日(日) 【活弁上映】『十誡』
弁士:澤登翠 演奏:カラード・モノトーン・トリオ

6月10日(月)・11日(火) 『モダン・タイムス』 6月12日(水) 【活弁上映】『肉体と悪魔』
弁士:澤登翠 演奏:カラード・モノトーン・トリオ 6月13日(木)・14日(金) 『戦場にかける橋』

6 月 15 日(土)~21 日(金)シネマカリテにて上映 6月15日(土) 【活弁上映】『散り行く花』
弁士:坂本頼光 演奏:カラード・モノトーン・デュオ 6月16日(日) 【活弁上映】『キートンのマイホーム』、 『キートンの西部成金』
弁士:澤登翠 演奏:カラード・モノトーン・デュオ 6月17日(月)・18日(火) 『Shallweダンス?』

6月19日(水) 【活弁上映】『第七天国』
弁士:澤登翠 演奏:カラード・モノトーン・デュオ

6月20日(木)・21日(金) 『小さな園の大きな奇跡』

*6月8日(土)上映終了後、 トークイベントあり。
ゲスト:周防正行監督、 澤登翠様 (イベント内容は都合により変更することがあります。 )