『きのう何食べた?』出演で話題の磯村勇斗、ゾンビへの愛を熱く語る

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。5月18日(土)のオンエアでは、ドラマ『きのう何食べた?』ジルベール役で話題の俳優、磯村勇斗さんが登場。磯村さんの音楽ヒストリーや、大好きなゾンビについてたっぷり伺いました。

■男が興奮するアーティスト・BIGBANG

静岡県沼津市出身の磯村さんは、18歳のときに上京。高校生時代、BIGBANGや東方神起などを聴いてK-POPにハマり、受験勉強やテスト勉強のモチベーションを上げるためによく聴いていました。

クリス:BIGBANGを初めて見たのはずいぶん前なんだけど、けっこう面喰らったね。やっぱり男って、ボーイズグループにあんまりハマんないじゃん?
磯村:そうですね。
クリス:でも見たときに、「すげーなこいつら」って。こいつら毎ステージを死ぬつもりでやってるなっていうのがすごく伝わってきた。
磯村:魂がすごいですね。僕もライブを観たことがあるんですけど、男が興奮するアーティストってすごいステキだなって思うんです。BIGBANGさんは、今でも聴くくらい好きです。

■小学生の頃の夢はお笑い芸人

俳優として活躍する磯村さんですが、小学生の頃はお笑い芸人になりたかったそう。卒業式で卒業証書をもらうとき、「僕は将来、お笑い芸人さんになって、みんなを笑わせてみんなを幸せにしたいです」と話したほど。そこから俳優になったきっかけは、何だったのでしょうか?

磯村:中学生のときに、なぜか急に自主制作をしたくなりまして、5分くらいの映画を友だち同士で作ったんです。それを全校生徒の前で上映して拍手をいただいたときに、「なんて気持ちがいいんだろう!」と思って。そこからこの業界に興味を持って、俳優のお仕事をしたいなって思いました。

その後、高校2年生のときに地元の劇団に参加。どんどん芝居の楽しさにハマり、今に至ります。きっかけが自主制作だったということもあり、「いずれは自身で脚本なども書いてみたい」と今後の抱負も明かしました。

■ゾンビ映画で涙

そんな磯村さんが大好きな映画のジャンルが、いわゆる「ゾンビもの」。クリスもゾンビ映画好きということで、興奮気味にゾンビの魅力ついて語ります。

磯村:ゾンビって、もともとは人間だったじゃないですか。吸血鬼やモンスターになってしまうと、ちょっと人間からかけ離れて、あんまり親しみも感じなくなると思うんです。ゾンビはもともと人間だから、どこか愛があるんです。
クリス:哀愁みたいなものもあるんだよね?
磯村:ありますよね!
クリス:まだ生きてたときの残像みたいなさ、たとえば「この人、コンビニで働いてたんだ」とかさ(笑)。そういうキャラ付けがちゃんとあるから。
磯村:そうなんですよ(笑)。もちろんゾンビは記憶がないんだろうなと思いつつも……たとえば旦那は人間で、奥さんはゾンビになってしまって、殺すか殺さないかの瀬戸際のときに、奥さんに漂う「昔は生きてきたんだろうな」っていう匂いであったり。表情も役作りでしっかりやってると思うんです。「もともとは奥さんだった、けど今はゾンビになっているんだ」ってやってるからこそ、旦那さんに対しての愛を感じるんです。そういうのを見ると涙が出てくる。

磯村さんがこれまでいちばん面白かったゾンビ映画は『28日後...』です。劇中には「走るゾンビ」が登場しますが、それを観たときに「『なんて面白いゾンビが現れたんだ!』と思った」と当時の興奮を明かしました。

まだゾンビ役を演じたことはない磯村さんは、「ゾンビ役がきたら自信持ってやれる気がする」と話します。

磯村:走るのか走らないのかをまず訊いて、そこからちょっとクセをつけていきたいなと思ってるんですけど(笑)。
クリス:前世はどういう人で何をしていた人なのか、とか。
磯村:そうです。ちゃんと自分なりに決めて、そこまでしっかり役作りしたいなと思います(笑)。

ゾンビ愛が深すぎる磯村さんがゾンビを演じる姿、いつか見てみたいですね!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

【関連タグ】
SAPPORO BEER OTOAJITO   クリス・ペプラー   磯村勇斗   映画