くらしの情報(1)

福島県須賀川市 広報すかがわ2019年5月号

©株式会社VOTE FOR

◆6月1日は「人権擁護委員の日」人権に関する悩みごと相談会
日時:6月5日(水)午前10時~午後3時
会場:産業会館
内容:
○家庭や学校、職場、近隣とのもめごと
○女性・子どもの虐待
○いじめ、不登校など
相談員:
・人権擁護委員
・弁護士
※事前予約不要

問合せ:生活課
【電話】0248-88-9131

◆~福島さわやか行政相談キャンペーン~特設行政相談所を開設
日時:5月30日(木)午前10時~午後3時
会場:市役所3階「市民相談室」
内容:道路、登記事務、行政窓口サービスなどに関すること
相談員:行政相談委員
※事前予約不要

問合せ:生活課
【電話】0248-88-9128

◆Jアラート全国一斉情報伝達訓練を防災行政無線で実施します
日時:5月15日(水)午前11時
放送内容:上りチャイム「これは、Jアラートのテストです。」×3回
「こちらは、防災須賀川広報です。これでテストを終了します。」下りチャイム
その他:防災行政無線に加え、SNS(防災すかがわTwitter)を用いた情報伝達訓練も併せて行います。

問合せ:生活課
【電話】0248-88-9133

◆国民年金は「世代間の支え合い」
国民年金は、安心して老後の生活を送るために、社会全体で高齢者の生活を経済的に援助するという「世代間の支え合い」で成り立っています。

▽老後に備える老齢基礎年金
20歳から60歳までの40年間国民年金保険料を納めた人は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます(本年度は78万100円)。

▽国民年金保険料の納付方法
保険料は、金融機関やコンビニエンスストアで納めることができます。
このほか納め忘れを防ぐために便利で安心な「口座振替」や「クレジットカード納付」、まとめて納付すると割り引きになる「前納割引制度」があります。

▽納付が困難な人のために
大学や専修学校などに在学中で保険料の納付が困難な人は、「学生納付特例制度」を利用できます。
また、失業などの経済的な理由により保険料の納付が困難なときは、保険料の全額または一部が免除されたり、納付が猶予されたりする制度があります。

▽保険料は追納できます
免除や納付猶予は、10年以内であれば遡って納めることができ、老後の年金を満額に近づけることができます。

問合せ:
・保険年金課
【電話】0248-88-9137
・郡山年金事務所
【電話】024-932-3434

◆軽自動車税の納期限は5月31日です
軽自動車税は、毎年4月1日現在登録のある車両の所有者に対して課税される税金です。
新規登録から13年を経過した車両は、経年重課の税率(標準税率より約20%の増税)が適用されます。税額は下の表のとおりです。

問合せ:税務課
【電話】0248-88-9124

◆軽自動車税納税証明書(継続検査用)の発送について
口座振替で納付した人に、軽自動車税納税証明書(継続検査用)を6月中旬に郵送します。
納期限(5月31日)から納税証明書が届くまでの間に車検を受けるときは、軽自動車税の引き落とし額を記帳した通帳と車検証をお持ちになり、税務課または長沼・岩瀬各市民サービスセンターで納税証明書(継続検査用)の交付を受けてください。

問合せ:収納課
【電話】0248-88-9126