「体罰気付かず」校長謝罪 市立尼崎高バレー部

©一般社団法人共同通信社

兵庫県尼崎市立尼崎高男子バレーボール部の体罰問題で、市教育委員会が「体罰が常態化していた」との調査結果をまとめたことを受けて桑本広志校長が22日、尼崎市で記者会見し「体罰があると思ってもいなかった。一歩間違えれば命に関わり、あってはならないこと。本当に申し訳ない」と謝罪した。