世界レベル 日立でリーグ戦 卓球・石川選手に大声援

©株式会社茨城新聞社

日立化成のメンバーとして出場し、大声援を受けてプレーする石川佳純選手=日立市東成沢町

世界卓球の混合ダブルスで銀メダルに輝いた石川佳純選手が22日、日立市東成沢町2丁目の市池の川さくらアリーナで開かれた前期日本リーグに、日立化成のメンバーとして出場、地元の大声援を受けながら、世界トップレベルのプレーを繰り広げた。

試合は同市を拠点とする日立化成のホームマッチとして実施され、約1300人の観衆が詰め掛けた。石川選手はレンタル制度でチームに加わっている。この日はリーグ初戦で広島日野自動車と対戦。石川選手はシングルスで登場し、強烈なサーブレシーブなどで相手を圧倒した。チームも3-0で完勝した。

約1年ぶりに同アリーナで戦った石川選手は「たくさんの人が見に来てくれて、いい緊張感で試合ができた。なかなか日立には来られなかったが、温かく迎えてくれてうれしかった」と感想を語った。

卓球部に所属する市立多賀中2年、安藤太一さん(13)は「石川選手は相手を圧倒していてすごかった。下回転などが参考になった」と話した。(川崎勉)