和のテイスト、将棋パフェ発売

天童・食のコマノミクス第5弾

©株式会社山形新聞社

将棋駒をかたどったこんにゃく、もろこし、 せんべいがトッピングされた将棋パフェ

 将棋駒をコンセプトにした創作パフェができた。天童商工会議所が事業展開する「コマノミクス」から生まれた新商品で、王将果樹園を運営する「やまがたさくらんぼファーム」(矢萩美智社長)が考案した。22日に同果樹園のカフェで試食会が開かれた。

 ネーミングはシンプルに「将棋(こま)パフェ」。バニラアイスに将棋駒の形をしたもろこしとこんにゃくなど、地元企業のアイデア食品がトッピングしてある。抹茶味のソースとジェラートが、全体を和のテイストで包む。駒生産が盛んだったのは織田藩時代からで、信長の弟は茶人の有楽斎(うらくさい)であることを考えれば、それぞれに意味がある。

 こんにゃくは定番のしょうゆ味、将棋駒のロゴマークをあしらったせんべいは塩味で、両者のしょっぱさが意外に合う。同社オリジナルのラ・フランスゼリーが容器の底でラストを飾る。矢萩社長いわく「天童が日本一を誇る将棋駒とラ・フランスで挟み込みました」。25日から800円で販売を始める。

 食のコマノミクス商品は、アイス、カレー、こんにゃく、板そばに次いで第5弾。商議所によると、第6弾はチョコで近く発表予定という。