幻冬舎、「信頼性損なう」と謝罪

公式サイト、実売部数の公表で

©一般社団法人共同通信社

 幻冬舎の見城徹社長が作家津原泰水さんの単行本の実売部数を公表し批判された問題で、同社は23日、公式サイトで「作家の信頼性を著しく損なう言動であり、社長はじめ、社員一同、深く反省しております」と謝罪するコメントを発表した。

 見城社長と社員一同の連名。津原さんに「おわび申し上げます」とした上で「社内で留めておくべき内部情報を見城が独断で公にしてしまったことに対して弁解の余地はありません」としている。

 見城社長は幻冬舎の「日本国紀」への批判を展開していた津原さんと、文庫本の出版取りやめの経緯を巡って主張が対立。ツイッターで津原さんの作品の実売部数を公表した。