メッツが8回裏に逆転 ラガレス3点打&デービス3ラン

©MLB Advanced Media, LP.

【ナショナルズ1-6メッツ】@シティ・フィールド

メッツは防御率1点台を誇るナショナルズのクローザー、ショーン・ドゥーリトルを攻略し、逆転勝利を収めた。ナショナルズ先発のマックス・シャーザーの前に6回まで無得点に封じられ、1点ビハインドで8回裏の攻撃を迎えたメッツは、4番手のカイル・ベアクローから二死一・二塁のチャンスを作り、カルロス・ゴメスが5番手のドゥーリトルから死球を受けて二死満塁。ここでフアン・ラガレスが左中間を破る3点タイムリー二塁打を放って試合をひっくり返し、さらに二死一・二塁から今季初打席となった代打のラジェイ・デービスがレフトへの1号3ランを放って試合の行方を決定づけた。メッツ3番手のドリュー・ギャグノンが今季3勝目(0敗)をマーク。ナショナルズは勝ちパターンの継投が崩れ、ベアクローに今季初黒星(0勝)が記録された。

初回にナショナルズがアダム・イートンの4号ソロで先制した一戦は、シャーザーが6回4安打無失点、メッツ先発のジェイコブ・デグロムも6回2安打1失点と好投し、緊迫したロースコアの展開となった。2番手のジョー・ロスと3番手のマット・グレイスが7回裏を無失点に抑えたナショナルズだったが、8回裏にベアクローがピンチを招き、頼みのドゥーリトルが大炎上。ドゥーリトルは打者4人と対戦して死球、二塁打、敬遠四球、本塁打で一死も取れずマウンドを降りた。メッツは難敵のドゥーリトルを攻略して鮮やかな逆転勝利。ひと振りで試合をひっくり返したラガレス、そして今季初打席で代打3ランを放ったデービスの集中力は見事だった。