東京駅信号故障で新幹線見合わせ

7万人影響

©一般社団法人共同通信社

 23日午後3時40分ごろ、JR東京駅で信号の故障が発生した。影響で東北新幹線東京―仙台間、上越新幹線東京―越後湯沢間、北陸新幹線東京―長野間が約1時間にわたり、運転を見合わせた。秋田、山形の両新幹線にも遅れが出た。

 JR東日本によると、東北と北陸で計3本が運休したほか、各新幹線で遅れが相次ぎ約7万2600人に影響した。

 JR東日本が故障の原因を調べている。