白石麻衣&古田新太がまさかのWウエディングドレス姿を披露!

©株式会社東京ニュース通信社

5月25日放送の日本テレビ系連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(土曜午後10:00)第6話で、古田新太と白石麻衣がWウエディングドレス姿を披露することが分かった。高校教師の里見萌役の白石は「ウエディングドレスを着るのは5回目くらいなんですけど、今回は隣に原田のぶお先生(古田)がいてくれたので、安心してホッとできました。原田先生のウエディングドレス姿がすごくかわいいんですよ」とアピール。実は白石だけでなく古田もウエディングドレス姿を披露するのは初めてではなく、2人の堂々とした着こなしも注目されそうだ。

ドラマは、はやりのダイバーシティを宣言した私立「豪林館高校」に教師として赴任してきたゲイで女装家の原田が、教育現場に波乱を巻き起こす物語。第6話では医師の財前(戸塚純貴)との見合い結婚が決まった里見が、父の靖夫(小木茂光)との約束で学校を退職しなければならないことに。結婚もしたいし、教師も続けたいと悩む里見に対し、原田は「本当にそれでいいのか」と諭すが、ついに挙式の日を迎えてしまうストーリーが描かれる。

白石は「6話は台本を読んだ時に深い話だなと思いました。私だったら諦めたくないし、里見先生も親のためとか考えて葛藤したと思うけれど、原田先生の言葉で救われて変わるんですよね」と驚きの展開になることを予告。さらに、「私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方が良い意味で“ぶっ飛んで”いて、いいなと思っています。今回は教壇に立つシーンもあるんです。緊張感のあるシーンだし、里見先生の言葉をしっかり伝えたいです。とにかく6話は、どれか一つに絞れないくらい良いセリフがいっぱいあるので、どこかで共感してもらえるとうれしいです」と見どころを訴えている。