バイトの男、社員とトラブルで退社「恨み」…会社に放火、容疑で再逮捕 車の窓ガラスも割る/所沢署

©株式会社埼玉新聞社

所沢署=所沢市並木

 埼玉県所沢市で3月に発生した建物火災で、所沢署は23日、建造物等以外放火の疑いで、狭山市狭山台3丁目、無職の男(48)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は3月28日午前3時ごろ、所沢市南永井の駐車場内でいずれかの方法で火を付け、駐車中の軽乗用車3台と資材置き場、コンテナハウスなどを焼損させた疑い。

 同署によると、駐車場は運送会社の敷地内で、出火当時は無人だった。周辺の防犯カメラの映像などから浮上した。「倉庫の脇に止まっていた軽トラックに火を付けた」と容疑を認めているという。男は運送会社に一時アルバイトとして勤務し、他の社員とトラブルになり退社したとされ、「恨みがあった」とも供述しているという。

 男は火災現場の同じ敷地内に止まっていた別の軽トラックの窓ガラスを割ったとして、器物損壊の疑いで4月18日に逮捕されていた。