窪田正孝の揺らがない“役者魂”「令和も僕のスタンスはきっと変わらない」

©株式会社東京ニュース通信社

本誌にあるQRコードを通じて撮影中のメイキング動画を見ることができ、誌面のみならず動画でも楽しめる「TVガイドdan vol.24」が本日発売。今号は、窪田正孝が約1年ぶりに表紙を飾った。

現在放送中の月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)で、主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織を演じる窪田。レントゲンやCTで病変を写し出す放射線科を舞台にした本作は、その中身の濃さもさることながら唯織の役柄も大好評。放射線技師として真剣に医療に取り組むカッコいい姿とは裏腹に、初恋の人には常にドギマギしてしまうギャップが多くの視聴者をキュンとさせている。インタビューでは、そんな「ラジエーションハウス~」に懸ける思いや撮影現場でのエピソードを語ったほか、「令和になって周りの状況が変化しても、僕のスタンスは、きっと変わらないです」と、時の流れに左右されない揺るがない胸の内を明かす場面も。7月には映画「Diner ダイナー」と「東京喰種トーキョーグール【S】」、さらに2020年には連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)と映画「初恋」で主演を務めるなど、まさに八面六臂の活躍ぶりを見せる窪田の“役者魂”に迫る。“朝”をコンセプトにした爽やかなカットと、一転してクールな表情から目が離せない大ボリュームのグラビアは、豪華とじ込み付録の高品質両面グラビアシートでも楽しめる。

そして今号は、結成10周年となる今年最初のニューシングル「頭の中のフィルム」を5月29日にリリースするBOYS AND MENが裏表紙に登場。“新時代を祝う仲良し男子パーティー”をテーマに、ボイメン節がさく裂した笑顔の絶えない掛け合いが繰り広げられている。

そのほか、デビュー7周年の記念日となる6月10日にニューシングルをリリースする超特急もフィーチャー。豪華別冊付録として、超特急の超特大両面ポスターも実現した。さらに、話題の作品に出演する片寄涼太、鈴木伸之、杉野遥亮、佐藤流司、佐野勇斗、萩原利久、竜星涼×瀬戸利樹×小野寺晃良×バンダリ亜砂也らもクローズアップ。前号より連載がスタートし、早くも好評の「山田裕貴の怪人百面相」では、山田裕貴がミュージシャンに挑戦。また、これからの活躍が期待される若手俳優をクローズアップする人気企画には、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)に現在出演中の綱啓永が登場する。