リノベーションで地方創生を/南部町の根市さん、東京で講演

©株式会社東奥日報社

根市さん(右奥から2人目)のトークを聴く参加者ら=23日午後8時半ごろ、東京・清澄白河

 青森県での起業をテーマにした移住促進イベントが23日夜、東京都内で開かれた。中古物件を大規模改修し、魅力的な空間に仕上げる「リノベーション」が全国各地で注目を集める中、南部町で古い倉庫をカフェに再生させた根市大樹さん(37)が講演。地方で増える空き物件を利活用する面白さを伝えていた。

 東京・清澄白河にある5階建ての事業所を、飲食店やイベントルームに大規模改修したビルの一室が今回のトーク会場。イベントは県主催で一般社団法人あおつな創出プロジェクトが運営し、青森県での起業やリノベーションに関心のある男女約30人が集まった。

 根市さんは2018年12月に南部町大向の三戸駅前で、高齢のリンゴ農家が使わなくなった古い倉庫を借りてカフェに再生させた。

 23日のイベントで、根市さんはカフェに生まれ変わるまでの経緯や出来事を紹介。自分の周囲には古い物件の大規模改修による店舗経営に関心のある知人も少なくない-と語り、「いずれは地域全体をリノベーションしたいとの思いがあり、まずは自分が実験台になった」と話していた。