名神多重事故58歳女性死亡、孫が重体 けが15人、運転手逮捕

©株式会社京都新聞社

名神高速草津ジャンクション付近の事故現場。乗用車が横転している(24日午後5時55分、滋賀県草津市笠山5丁目)

 24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5丁目の名神高速道路上り線の草津ジャンクション(JCT)手前で、バス会社「ワールドキャビン」(東京都新宿区)の大型観光バスが、ワゴン車に追突し、はずみで計4台が絡む玉突き事故が発生した。滋賀県警高速隊によると、ワゴン車に乗っていた奈良県大和高田市の会社員女性(58)が死亡し、孫の小1女児(7)=同市=が意識不明の重体、他に15人が重軽傷を負った。

 同隊によると、名神から分岐して新名神高速道路に入るための左端の車線で、バスが渋滞最後尾で停止していたワゴン車に衝突。はずみで、さらに前の軽乗用車と乗用車がぶつかった。事故のあった車線は、新名神リフレッシュ工事の影響で渋滞していた。ワゴン車の被害が最も大きく、乗員12人のうち、1人死亡、1人重体、子ども7人を含む10人が重軽傷。乗車定員は守られていた、という。

 同隊は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、バスの男性運転手(52)=大阪府八尾市堤町1丁目=を現行犯逮捕した。運転手にけがはなく、「事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めている、という。

 同隊の説明では、バスにはドライブレコーダーがあり、県警が分析を進めている。バスは衝突直前に右にハンドルを切ったとみられ、運転手が前方不注意だった可能性が高い、という。

 同隊や同社によると、事故を起こしたバスは、同日朝に大阪府泉佐野市を出発し、京都や奈良を観光した後、愛知方面に向かう途中で、中国人観光客32人と添乗員2人が乗っていた。同社は外国人を中心に貸し切りバスを運行しており、事故を起こしたのは同社大阪東営業所(同府八尾市)のバスだった。運転手は1999年から大型バスの運転を始め、昨年3月に同社に入社以降は大きな事故などはなかったという。

 西日本高速道路によると、名神高速上り線の京都東インターチェンジ(IC)-草津JCTが5時間近く通行止めになった。