サッカー南米選手権・日本代表 安部、上田ら初選出

©株式会社茨城新聞社

日本サッカー協会は24日、招待参加する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)に臨む日本代表23人を発表し、安部(鹿島)やプロ経験のない上田(鹿島学園高-法大)ら13人が初招集された。23日に国際親善試合の日本代表に初選出された17歳の久保建(FC東京)ら3人を含め、東京五輪世代の16人が実質初のフル代表入りとなった。

6月の親善試合2戦の代表にも入った主力の柴崎(ヘタフェ)中島(アルドハイル)、ベテランの川島(ストラスブール)岡崎(レスター)も選ばれた。森保監督は「若い選手が素晴らしい大会に出られることで成長につながり、来年の東京五輪にもプラスになる」と期待を込めた。

大会で1次リーグC組に入る日本は、6月17日の初戦で2連覇中のチリとぶつかり、20日にウルグアイ、24日にエクアドルと対戦する。

日本代表は次の通り。

GK 川島永嗣(ストラスブール)小島亨介(大分)大迫敬介(広島)▽DF 植田直通(セルクル・ブリュージュ)板倉滉(フローニンゲン)岩田智輝(大分)立田悠悟(清水)原輝綺(鳥栖)杉岡大暉(湘南)菅大輝(札幌)冨安健洋(シントトロイデン)▽MF 柴崎岳(ヘタフェ)中島翔哉(アルドハイル)中山雄太(ズウォレ)三好康児(横浜M)伊藤達哉(ハンブルガーSV)松本泰志(広島)渡辺皓太(東京V)安部裕葵(鹿島)久保建英(FC東京)▽FW 岡崎慎司(レスター)前田大然(松本)上田綺世(法大)