ワイヤレススピーカー部門で販売台数シェアNo.1、ハーマンインターナショナルが初受賞

©株式会社BCN

【BCN AWARD 2019・喜びの声】 全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」のワイヤレススピーカー部門で、2018年1月~12月の1年間の販売台数シェアNo.1だったメーカーは、ハーマンインターナショナル。ソニーとの接戦を制して、初の王者に輝いた。プロダクトマネジメント部の剣持開統括部長に喜びの声を寄せてもらった。

世界市場でも日本市場でも販売台数シェアNo.1

プロダクトマネジメント部 剣持開 統括部長

BCN AWARD 2019の「ワイヤレススピーカー部門」を受賞させていただきまして、誠にありがとうございます。当社ハーマンインターナショナルはワイヤレススピーカーの分野におきまして、グローバル市場でNo.1を保持しておりますが、日本市場においてもたくさんのお客さまにお選びいただいたことに深く感謝申し上げます。

昨年5月に発売させていただきました「JBL GO2」は、小型ながら高音質、完全防水に対応、豊富なカラーバリエーションをお求めやすい価格で提供できたことで、シェア向上に大きく貢献できたと思っております。

2019年におきましても、当社の強みである高音質、防水機能・ポータブル性能・ワイヤレス技術を活かして、ワイヤレススピーカーのみならず、イヤホン・ヘッドホン、また高級オーディオやカーオーディオに至るまで、お客さまに楽しんでいただける製品群を投入して参りますので、ご期待ください。

※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1~12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。