17歳JKを食い物にした慶応院生は竹中平蔵のゼミ生

©株式会社光文社

イメージ(写真・アフロ)

「JKリフレ店を始めたころは、未成年者を働かせていなかった。だんだん感覚が麻痺していったんでしょう」

17歳の女子高生を、未成年と知りながらデリヘル店で雇い、わいせつな行為をさせていたとの疑いで、警視庁は5月14日までに、慶応義塾大学院生の水上裕一朗容疑者(33)を逮捕した。冒頭に話したのは、彼の知人だ。

水上容疑者は、女子高生に「ほかにも17歳がいるからいいよ」などと伝えていたという。

「逮捕までに、約250万円を売り上げていた。同店には約30人ほど女性が在籍しており、警視庁は、ほかにも18歳未満の少女がいたとみて捜査を進めている」(社会部記者)

デリヘル店を始める前は、JKリフレ店を経営していた。

「学部生時代から、JKリフレ店に通い、自身で経営を始めた。2018年8月からは、無店舗型の風俗店営業に切り替えた。

水上は、女子生徒に年齢を伏せるように指示していた。また、コース料金や指名料などはすべて店に入るようにしていた」(捜査関係者)

そうなると、従業員の女性は、自らの懐ろにカネが入る「裏オプ」に走りがちになる。

「本番行為をはじめとした過激なサービスを、『裏オプ』としておこない、客からお金を取る女のコが出てきてしまうんです」(風俗店経営者)

結果として水上容疑者は、少女たちに違法な接客をさせていたことになる。一方、冒頭とは別の知人は、事件に驚くばかりだ。

「水上は福岡の名門県立高校出身で、2011年に慶大環境情報学部に入学。親は警官と本人は話していました。

真面目で社交的な人でしたよ。授業では積極的に発言するし、ビジネスコンテストにたくさん出たり……。典型的な『意識高い系』の学生でした。

あと、ゼミを3つくらい掛け持ちして、慶応のなかでも選抜が厳しく、かつ続けるのが難しいとされる竹中平蔵先生のゼミにもいました」

竹中氏といえば、小泉構造改革のブレーンとして、閣僚まで務めた経済学者。「愛弟子」の犯罪に竹中氏にコメントを求めたが、締切りまでに回答はなかった。

さらに水上容疑者は、2012年4月から3カ月程度、週に一回ほど、内閣広報室に出入りしていたという。

「当時、非公式だが、政府広報の表現に学生の意見を取り入れるため、出入りしてもらっている子たちがいた。彼はそのひとり。学生らは、インターンと自称していた」(元内閣官房関係者)

優等生的な活動の裏には、別の顔が見え隠れしていた。

「将来について、『教授になりたい』とか『起業したい』と、言うことが一貫していませんでした。

女慣れしてなくて、JKリフレやガールズバーにばっかり通っていましたよ。事件の報道で知りましたが、年齢も、実際より低くサバを読んでいましたね」(冒頭の知人)

日本屈指の名門私大と学者に学んだエリート。その学びは無に帰した。

※JKリフレ
女子高生に扮した女性がマッサージや添い寝などをおこなう、風営法の適用を受けない業態の店。児童買春の温床になっていると指摘され、18歳未満の雇用が2017年に都条例で禁止された

(週刊FLASH 2019年6月4日号)