タイのアジトから被害者情報メモ

暴力団組織との関連捜査

©一般社団法人共同通信社

 タイ中部パタヤを拠点とした特殊詐欺事件で、アジトから被害者の氏名や住所などを記したメモが見つかっていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。一部の容疑者は借金を抱えていたとみられ、警視庁など4都県警の合同捜査本部は、背後に債務者を「かけ子」として手配する暴力団組織の関与がなかったか調べる。

 15人は、福井市に住む50代女性に有料サイトの利用料金が未払いになっていると虚偽のメールを送るなどして電子ギフト券を購入させ、だまし取った疑いで逮捕された。

 捜査関係者によると、現地警察が3月、アジトに踏み込んだ際、この女性の個人情報を記したメモが見つかった。