なでしこ国内合宿、守備に注力

男子と合同練習

©一般社団法人共同通信社

サッカー女子W杯に向けた合宿で、調整する鮫島(左)=千葉県内

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に向けて千葉県内で合宿中の日本代表「なでしこジャパン」は25日、男子大学生との合同練習で守備を入念に確認した。大柄で速い欧米勢を念頭に置いて組織的な動きを徹底し、鮫島(INAC神戸)や清水(日テレ)らはサイドでの粘り強い守りに注力した。

 状態が万全でない選手が多く、阪口や小林、植木、宮川(以上日テレ)、岩渕(INAC神戸)は別メニュー。前日の練習でボールが頭部に当たった菅沢(浦和)は検査のため参加しなかった。国内合宿は26日までで、27日にフランスへ出発する。