「キャッシュカードを令和に変更」800万円詐欺被害 滋賀

©株式会社京都新聞社

 滋賀県警草津署は25日、草津市内の無職女性(87)が市職員を名乗る男らにキャッシュカード6枚をだまし取られ、現金800万円を引き出されたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、24日午後2時半ごろ、市保険課職員を名乗る男から「保険料を支払い過ぎなので、戻す作業をする」「キャッシュカードの元号を令和に変更する」などと女性宅に電話があり、口座番号と暗証番号を聞き出された。その後、訪れた金融機関職員を名乗る男にカードを渡したという。口座からは24、25日に現金が引き出された。